妻にささげる夫のレシピ

アメリカの炊き込みご飯、ケイジャンライスのすゝめ(こだわり版or簡易版)


ふたたびケイジャンライスのご紹介ですが、今回は「in the チキン」バージョン。

このケイジャンライス…

実は、わたしは、得意ではない野菜が多いのですが、これほどセロリやピーマン、パプリカをおいしく食べられる料理はないんじゃないかってほどおいしく感じるんです。

なので、一度は食べていただきたいレシピなんですよね~。

また、チキンストックをつくるなどハードルが高い部分がありますので、簡易版のレシピも掲載しておきます。

材料(多めの4人分)

(こだわり版)

2合
鶏肉(もも、または胸) 250~300g
A.セロリ茎 2本(180g)
A.ピーマン 1個
A.パプリカ 半分(60g)
B.チキンストック 400ml
(または、スープストック 400ml)

B.ケイジャンシーズニング 小さじ1
B.塩 小さじ1.5
油(炒め用) 小さじ1~
イタリアンパセリ 適宜
   
■鶏肉下準備用  
C.ケイジャンシーズニング 小さじ1
C.塩 小さじ1/2

(簡易版)

2合
鶏肉(もも、または胸) 250~300g
A.セロリ茎 2本(180g)
A.ピーマン 1個
A.パプリカ 半分(60g)
B.水 400ml

B.コンソメの素 水400ml分
B.ケイジャンシーズニング 小さじ1
B.塩 小さじ1
油(炒め用) 小さじ1~
イタリアンパセリ 適宜
   
■鶏肉下準備用  
C.ケイジャンシーズニング 小さじ1
C.塩 小さじ1/2
  • 油(炒め用)は、ご使用の鶏肉に応じて調整してください。

下準備・つくり方

(下準備)

  • 鶏肉は一口大に切って、(C)を揉み込んで10~20分程度おく。
  • 米は洗って、水気を切る。
  • (A)の野菜類は7~10mm程度のさいの目切り。

(つくり方)

  1. 鍋に油をひいて、弱火で鶏肉を炒める。
  2. 鶏肉の表面が焼けてきたら、(A)の野菜を加えて炒める。
  3. 全体に油が回ったら、米を加え炒める。
  4. 米に透明感が出たら、(B)を加え、蓋をして強火で煮立たせて、沸騰したらとろ火で15分加熱する。
  5. 火を止めて、そのまま10分蒸らしてできあがり。
  6. イタリアンパセリを散らせば、見た目もGOOD!
ポイント

  • 蓋ができる、浅い鍋か深型のホーローやテフロンフライパンがおすすめです。

ポチッと応援お願いします!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2018 "かこは"

テーマの著者 Anders Norén