妻にささげる夫のレシピ

全粒粉入りの小麦トルティーヤ(※ブリトーの生地みたいなのね)


ブリトーをつくる習慣は、ふつうはあまりないかもしれませんが、生地があれば好きな具材を包み込んだりピザ生地にできたり、なんなら焼きたてをそのまま食べたりと便利です。

中でも、全粒粉入りの小麦トルティーヤが好きなので、そのつくり方です。

材料(9~10枚分)

薄力粉 130g
全粒粉 120g
小さじ1
オリーブオイル 小さじ2
お湯(35℃前後) 180ml
打ち粉(薄力粉) 適量
  • 小麦粉はすべて、国産をおすすめします。

下準備・つくり方

(つくり方)

  1. 大きめなボウルに、薄力粉・全粒粉・塩を入れて混ぜたら、
    オリーブオイルを加えてよく混ぜる。
  2. ぬるめのお湯(人肌程度)を少しずつ入れながら、「粘りすぎず・ぱさつきすぎず」な感じになるようによく捏ねる。
  3. ラップをして、常温で30分寝かせる。
  4. 合計で400g程度なので、40gずつ10等分し、打ち粉をしながら麺棒で約17cmほどに伸ばす。
    ※あまり薄くしすぎると、ぱりぱりに焼けてしまうのでご注意を。
  5. フライパンに油をひかずに、中弱火で焼き、生地が膨らんできたら返して両面をほどよく焼いてできあがり。
    ※油断するとすぐ焦げます。
  6. トマトソースとモツァレラ、バジルを包んでマルゲリータ風にしたり、ハム・チーズなど好きな具材を包んでブリトーにして食べたり、工夫次第で幅広く使えるはずです。
ポイント

  • 生地を延ばすときに、薄くしすぎないことです。
  • 重ねておくと、生地同士がくっついてしまうので「いくつか生地を延ばしたら焼く・焼きながら延ばす」というパターンがおすすめです。
  • 焼いた生地は、ラップに包んで冷凍保存可能。
    ※解凍は、フライパンで再び焼けばOKです。トースターでも焼き過ぎなければ問題なく、レンチンでは固くなり、自然解凍ではちょっと水っぽくなる感じです。

ポチッと応援お願いします!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2018 "かこは"

テーマの著者 Anders Norén