妻にささげる夫のレシピ

ケイジャンライス on the チキン


ジャンバラヤよりも簡単につくれるのが、ケイジャンライス。

簡単というより、材料が少なくて済むので準備に時間がかからないといったほうが正しいかもしれません。

ちなみにオニオン抜きです。

材料(4人分)

(辛さ控えめバージョン)

2合
A. セロリ茎 半分(60g)
A. パプリカ(赤) 半分(60g)
A. ピーマン 2~3個(60g)
B. 鶏がらスープ 400ml
B. ケイジャンスパイス 小さじ1
B. 塩 小さじ1
チャービル(なくても可) 適宜
(チキン)  
鶏むね肉 2枚(1枚250g程度)
ケイジャンスパイス 小さじ2(胸肉1枚につき小さじ1)
小さじ1(胸肉1枚につき小さじ1/2)
   
小さじ1~

下準備・つくり方

(下準備)

  • 鶏肉は、ケイジャンスパイスと塩をすり込む。
  • (A)は、7mm程度のさいの目切り。
  • 米は研ぎ、水気を切っておく。

(つくり方)

  1. 鍋に油をひいて、皮目から中弱火でじっくり焼く。皮がこんがりしたら、上下を返し3分ほど焼いて鍋から取り出しておく。
  2. 同じ鍋で(必要なら油を足して)、(A)を弱火で炒める。
  3. 野菜がしんなりしたら、米を加えてさらに炒める。
  4. 米が透き通ってきたら、(B)を加えて蓋をして煮立たせる。
  5. 沸騰したら、(1)の鶏肉を入れて、蓋をして最弱火で20分煮る。
  6. 火を止めて、10分くらい蒸らす(必要なら、分量外の塩で味を調えて)。皿に盛って、チャービルを散らして完成。

(鮭バージョン)

派生レシピとして、チキンを鮭にしてみたり、別の野菜を入れてみたり…

  1. チキンと同じように、鮭にケイジャンスパイスと塩をすり込んで、両面焼いて取り出す。
    • (鮭3切れに対して)
    • 塩:小さじ1
    • ケイジャンスパイス:小さじ1
  2. マッシュルームだったら、さまになったんでしょうが…笑
    • セロリ(茎・葉):60g
    • パプリカ(赤):30g
    • ピーマン:30g
    • しいたけ:2枚
    • にんじん:50g
  3. あとは鶏肉のときと同じ行程で完成。
ポイント

  • 深型のフライパンが、浅めの鍋を使ったほうがいいです。
  • 野菜量などによって、塩加減がまちまちなので最後の調整が必要です。
  • チャービルでなくても、イタリアンパセリやクレソンでもいいです。
  • 鶏がらスープでなくても、市販のコンソメで代用可です。

ポチッと応援お願いします!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2018 "かこは"

テーマの著者 Anders Norén