妻にささげる夫のレシピ

圧力鍋で本格!簡単!まじうま!金色(こんじき)の鶏がらスープ太郎


鶏ガラスープというと、鍋で何時間もぐつぐつ煮込むイメージがありますが、圧力鍋を使えば簡単に時短でできてしまいます。

しかもおいしいんです。

つくっている最中は、ラーメンのスープを彷彿とさせる薫りがキッチン中に漂います。

材料 (1600ml分)

鶏がら

1羽分
青ネギ (*1) 5、6本 (30g)
しょうが 20g
1600ml
+蒸発分 (*2) 適量

一般的に、ネギの青い部分でつくりますが、入手しやすいのと多めに使えることで、わたしは青ネギを使います。

最終仕上がりを1600mlにしたいので、蒸発した分の水を追加します。

鶏がら1羽分で2000mlのスープをつくれますが、わが家は800ml単位で使うことが多く、また濃厚さが欲しいので1600mlにしています。

下準備・つくり方

(つくり方)

  1. 青ネギは根元を切り落とし、3つくらいに適当に刻む。しょうがは、包丁の腹でつぶしておく。

  2. 沸騰した鍋(分量外)に鶏がらを入れて、再沸騰してから1分ほど湯がいて冷水(分量外)にとる(冷凍されている鶏がらの場合も、解凍せずに同じようにしています)。
  3. 余分な脂肪や皮、残っている内臓や血合いなどを取り除き、味がよくでるように適当な大きさに折る(けがに注意。わたしは出刃包丁で骨を切ってます)。
  4. 圧力鍋に、すべての材料を入れて、蓋をせずに加熱する。沸騰したら灰汁を取る。※ここで、鍋のどのあたりまで水が入っているか覚えておく。
  5. 蓋を閉め弱火で20分加圧する。
  6. 圧が下がったら蓋を開け、油をすくい取り(アク取りシート使用)、蒸発分の水を追加して中強火で5分煮込む。
  7. 茶こしやざるなどで濾せば完成!
  8. ※すぐに使わない場合は、ジップロックで冷凍保存しています。

少量のスープを取って、適量の塩を入れて味見してみてください。まじでうまいですから!

ポチッと応援お願いします!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2018 "かこは"

テーマの著者 Anders Norén