妻にささげる夫のレシピ

本格スパイスで作る!ふつうの凄うまカレー


わたしは、インド人でもネパール人でもありませんが、キッチンからはスパイスの香りがいつも漂っています。

なぜかわかりませんが…

そんなわけで、わが家でいうところの「ふつうのカレー」をご紹介します。

材料(4人分)

鶏胸ひき肉 300g
じゃがいも 3個(400g)
にんじん 40g
しめじ 2パック(可食部180g)
油(炒め用) 小さじ1
鶏がらスープ(無塩) 800ml
油(ルー用) 大さじ2
小麦粉(薄力粉) 大さじ4
A. にんにく 10g
A. しょうが 10g
(ホール)  
B. シナモン 1本
B. カルダモン 2〜4粒
B. ローリエ 1枚
(パウダー)  
C. クミン 大さじ1
C. コリアンダー 大さじ1
C. ターメリック 小さじ1
C. オールスパイス 小さじ1/2
C. ガラムマサラ 小さじ1/2
C. チリ 小さじ1/4~
C. 塩 小さじ2~

下準備・つくり方

(下準備)

  • しめじは石づきをとって、ほぐす。
  • じゃがいもは、1cmのさいの目切り。
  • にんじんは、3mm程度の角切り。
  • (A)はみじん切り。
  • (C)のスパイスや塩、小麦粉、鶏がらスープはそれぞれ容器に準備しておく。

(ルーのつくり方)

  1. 弱火で熱したフライパンに、油(ルー用)をひいて(B)を入れて、ふつふつと細かい泡が出るまで熱し、香りをじっくり移す。
  2. (A)を加えて、焦げに注意しながら、さらに加熱する。
  3. にんにくのいい香りが出てきたら、小麦粉を少しずつ加えながら混ぜていく。※(B)のホールスパイスが邪魔なので、いったん取り出しておいたほうがいいです。
  4. とにかく焦げに注意しながら、弱火〜とろ火できつね色になるまでじっくりと炒める。※このときの炒め具合で、仕上がりの香ばしさが変わってきます。
  5. (C)を少しずつ加えていく。
  6. ぽろぽろになるので、鶏がらスープでよく溶いてルーは完成。※だいたい200ml~300mlくらい入れると思います。

(カレーのつくり方)

  1. 中火で熱した鍋に、油(炒め用)をひいてひき肉を炒める。
  2. ひき肉に火が通ったところで、じゃがいも・にんじんを炒める。
  3. さらに、しめじを加えて炒める。
  4. ※(6)のルーに、鶏がらをスープを加えてさらに溶いておいたほうが後で楽です。
  5. (9)が全体に油が回ったら、残りの鶏がらスープを加えて中火で煮る。
  6. 煮立ったら、ルーを加え、蓋をして弱火で10分煮込む。※焦げないように、ときどき底のほうから全体を混ぜます。
  7. 最後に塩・チリパウダーなどで味を整えて完成。
ポイント

  • 辛いのが苦手な場合やお子さま向けの場合は、(C)のチリパウダーを省いて、最後に味を見ながら少量ずつ加えて辛さを調節してください。
  • (4)で、焦げないように細心の注意を払ってください。
  • 鶏がらスープの代わりに、市販のものやコンソメでもできますが、その場合は最後に塩を加えるようにしてください。

ポチッと応援お願いします!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2018 "かこは"

テーマの著者 Anders Norén