妻にささげる夫のレシピ

ふつうの本格的な白菜の漬物


冬の定番漬物といえば白菜ですよね?

子どものころ、正月の挨拶にと親戚の家にいくとよく出てきてた気がする「白菜の漬物」が大好きでした。

わたしの場合は、ゆずや昆布を入れないものが特に好きでした。

材料・道具

白菜 1株
白菜の3〜4%の量(g)
乾燥唐辛子 1~2本
(道具)  
漬物容器 大きめなもの
重石 白菜の2倍の重さ
途中で半分にするので2つ必要。1.5ℓのペットボトルに水を入れたものでも◎
落し蓋  

各工程の写真がないので、わかりづらいと思いますがご了承ください。

作り方

作り方

  1. 白菜は外葉をはずし、1/4の縦割りにする。
    まず、1/2にするために白菜を逆さにして、根元に切り込みを入れて手で裂く。それを繰り返して1/4にする。
    ※外葉は、あとで使うので数枚取っておく。
    ※1/4にしてから洗ったほうが小さい分洗いやすい。
    ※塩の量は、干したあとの白菜の重さでOK。
  2. 洗ったら、水気を切って切り口を上に向けて1日ほど天日干しする。
  3. (オススメの塩加減は3%)
    白菜の葉と葉の間(特に軸のほう)に塩をすり込み、表面にも塩をすり込み、容器に詰めていく。
    • (1段目)
      漬け物容器の底に少し塩を振って、白菜の切り口を横にして互い違いに詰め込む。
    • (2段目)
      塩を少し振って唐辛子を入れて、1段目同様に互い違いに詰め込む。
    • 残ってる塩を全部かけて、1番上を外葉で蓋をする。
  4. 落とし蓋をして、重石をして冷暗所で水があがるまで3、4日漬ける。
    ※容器の大きさによっては、外葉がひっかかって重石が下がらないことがあるので注意。
    ※なかなか水が上がらない場合は、天地返しする。
  5. 水が上がったら、重石を半分にして3日間漬けこんでできあがり。

食べるときは、さっと水洗いして水気をしぼる。

保存する場合は、漬け汁を捨てさっと水洗いして水気をしぼってジップロックで冷蔵庫へ。1週間弱は食べれると思います。

ポチッと応援お願いします!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2018 "かこは"

テーマの著者 Anders Norén